遊助スペシャルインタビュー

遊助の言葉〝遊言〞で
音楽や言葉を紡いだ一枚

ニューアルバム『遊言実行』は、どんな思いを込めた作品になりましたか?

「去年10周年という節目を迎え、改めて次は何ができるのかと考えた時に、いろんな人の背中を押してあげられるようなアルバムを作りたいと思いました。遊助の言葉で“遊言”で、ちゃんと実現できるような音楽や言葉を紡いで、パフォーマンスできたらいいなと」

本作では、すべての歌詞を手掛けていらっしゃいますね。

「10周年のライブの際、ファンの皆さんの顔を見ることを意識しました。これまでは“ショー”として楽しんでもらおうという部分が強かったのですが、10周年の時は素の舞台で歌いたいとスタッフとも話をして。それでステージからファンの皆さんの顔をまじまじと見て、こんな表情で泣いていたんだとかいろんな人たちの表情を感じられて。この人たちの背中を改めて押せるような、この人たちにちゃんと届けられるような、そういう曲を作ろうと思いました。応援してくださる人たちの表情や心の動きを感じていかないと、俺自身もカラカラになっちゃうから。そういうこともあり、今年はいろんな人たちと会うのが目標でもあります。(アーティストとコラボする)遊turingでも、ジャンルや世代を超えた方々と出会い、様々な感性を学びました」

リード曲の「HERO宴」は人気動画クリエイター・フィッシャーズのんだほとのコラボ曲。この曲が生まれたきっかけは?

「んだほが僕を応援してくれているというのは周りから聞いていて“ありがとう”ってDMを送りました。そしたらそれを送った時が、んだほが今の奥さんにプロポーズした帰り道だったそうで。しかも奥さんとは僕のライブで知り合ったらしく、これも何かの縁だから少しでもお祝いできたらと、一緒にやろうって誘いました」

この曲を、カラオケで歌う時のポイントはありますか?

「“あ”を大きな声で歌うことかな。サビの歌詞は“愛”とか“赤い糸”とか“あ”で始まる言葉にしたんです。その “あ”だけ意識すれば、聴いてる人も乗ってくれると思います。キーも高すぎずメロディも覚えやすいように作ったつもりなので、難しいことは考えず歌ってもらえたらいいんじゃないかな」

普段、カラオケには行かれますか?

「先日、ロッチの中岡(創一)さんと行った時はスピッツさんの『チェリー』を歌いました。俺の中で、学生時代のヒットソングは最強説っていうのがあるんですが(笑)、久しぶりに歌ったらやっぱりいい曲だなぁって思いましたね」

NewEP「遊言実行」 NewEP「遊言実行」ひかりTVミュージックで聴ける!ひかりTVカラオケで歌える!
その他のオススメ楽曲
「ひまわり」

「ひまわり」

「俺と付き合ってください。」

「俺と付き合ってください。」

「いちょう」

「いちょう」

「全部好き。」

「全部好き。」

遊助のその他のヒット曲もひかりTVカラオケひかりTVミュージックで配信中!

聴き放題で遊助を楽しむ

▲ページの先頭へ