sweet ARMSスペシャルインタビュー

ひとりで歌うよりもふたりで
歌ってみんなで楽しんでください!

―sweet ARMSは、どんなユニットですか?

野水 「難題が立ちはだかっても、メンバーの結束で乗り切れる、絆の強いユニットです。だからこそ4人で歌うとsweet ARMSにしか出せないハーモニーが出来上がるので、ぜひ注目して聴いてもらいたいです」

富樫 「sweet ARMSではもう定番化しているのですが、何かある度に" 中二病"な写真を撮るんですね。そういう、真面目におバカな事をする時の息の合い方は見事です。音楽以外のところでも楽しんでいただけているのではないでしょうか」

味里 「お笑いからシリアスまで対応できるので、画期的なユニットだと思いますよ」

―これまでも『デート・ア・ライブ』の曲を歌っていますが、このアニメの魅力を教えてください。

佐土原 「個々それぞれ辛い思いを抱えたヒロインたちが、主人公の士道くんとの関わりによって心がほどけていく姿が印象的な、感動する作品だと思います」

富樫 「さらには、光と闇、迫力のバトルシーン、愉快な仲間たちのコミカルなパートに可愛い精霊たちとのほのぼのな日常と、本当に盛りだくさんで…全部魅力的です。かなり贅沢!」

―そんなアニメを彩る新曲はどんな曲に仕上がっていますか?

富樫 「イントロを聴いた瞬間引き込まれる、とても壮大で印象的な曲です。口にすると胸がきゅっと締め付けられる切なさとあたたかさがあって、是非『デート・ア・ライブⅢ』と併せて聴いて欲しいですね」

野水 「アニメもTVシリーズ3期になり、今まで以上に大きな展開になっていくのに合わせて、より壮大な曲に仕上がっています。歌詞も意味深な箇所があったりして、アニメと併せて聴いていただくと、心にグッとくる曲です! 精霊一人一人の想い…主人公である士道くんへの信頼感や、戦いに臨む覚悟を、歌いながら感じました」

佐土原 「ものすごくポジティブな決意を強く感じさせるので、『デート・ア・ライブ』らしい曲になりました」

―この曲をカラオケで歌うときのポイントを教えてください。

佐土原 「色んな想いが込められている曲なので、ヒロインそれぞれの気持ちになって歌われてみると歌いやすいかもしれません」

富樫 「難しい曲ではあるのですが、焦らず心豊かに曲の世界に浸ってもらえればとても気持ち良く歌えると思います。録音機能がある機種で追っかけなどを先に録音しておけば1人でもより楽しく歌えますよ! 実は私もよくやるんです」

味里 「キレイな楽曲なのですが、1人で歌うと相当大変なので、2人以上で歌うことをオススメします(笑)」

―メンバー同士でカラオケに行くことはありますか?

野水 「まだ行ったことはないんですが、面白い曲を知ってそうなのはみーちゃん(味里)かな? とがし(富樫)は熱い曲でみんなでワイワイ出来そうな曲を歌って、最後さどちん(佐土原)がしっとり締めてくれそうな感じがします。…となると、盛り上げ隊長はみーちゃんか、とがしになるのかなと思っています(笑)。2019年は、メンバーだけで行ってみたいですね」

NewSingle I swear

▲ページの先頭へ