SHE'S スペシャルインタビュー

人生は喜劇でも悲劇でもなく
両方が宿っているものだ

ニューアルバム『Tragicomedy』は、全体的にどんな仕上がりになりましたか? また、どんな人に聴いてもらいたいですか?

「これまでの中で最も繊細で、言葉が届く楽曲がそろったアルバムになりました。自分の心に対して素直であること、嫌な部分も自分と認めて共に生きていくこと、自身を肯定することが苦手な人に聴いてもらえたらと思っています」

アルバムの中で、特に印象に残っている楽曲はありますか?

「うーん。『Blowing in the Wind』は、アルバムの中でも随一、喜劇的要素を体現する明るい曲なので、アルバム後半のトーンが暗めの曲の間に挟むことで“悲喜劇感”を出すことができたと思います。なおかつスローな曲が続かないことで、お互いが映えるという結果をもたらしてくれました」

“悲喜劇”という意味を持つタイトルにした理由を教えてください。

「人生は喜劇でも悲劇でもなく、その両方が宿っているものだという考えから付けました。作詞作曲を担っているので、今回のタイトルは僕が決めました」

リード曲「Letter」の制作は、どのように進めたのですか?

「元々2年前の1月に書いていた曲を、改めて去年の1月にリアレンジした曲になります。歌詞もその時のままで、この曲はサビで思うことが強く描けていたので、割と歌詞ベースで作った記憶があります。いつもだったら、メロディ先行なのですが。基本的には、ピアノを弾きながらメロディを作っています」

“探している 知りたくて”というフレーズがとても耳に残りました。印象的な歌詞ですよね。

「あの繰り返しがないと“大切な人から傷つけていってしまう。どうしたらいいの?”ということに対しての答えがないなと思って。“探していかないと、だめなんだよ”というのを伝えたくて、そこを意識して作りました。この曲自体は、自分自身に宛てた手紙なので、冒頭でも“おかえり もう1人の僕”という【社会的なキャラクターの自分】と【本当の自分】との対比を描いています」

レコーディングの際に気をつけたことはありますか?

「とても繊細な歌なので、最後のサビまでは壊れそうなくらい儚(はかな)く、というのをイメージして歌いました。Aメロ、Bメロで低い音域からサビでファルセットに変わるので、その気持ちの切り替えが難しかったですね」

普段、カラオケには行かれますか?

「あまり行きませんが、友だちと飲んだ後に半ば強引に連れて行かれ、自分たちの曲を入れられて歌うことがあります(笑)。自分たちの曲以外だと、嵐さんの曲を歌ったりします」

「Letter」をカラオケで歌う時のポイントがあれば、教えてください。

「そうですね…。ファルセット部分もあまり息を吐きすぎずに歌うと、喉も呼吸も楽になりますよ」

最後に、今後のSHE’Sの活躍を楽しみにしている方々へ、メッセージをお願いします!

「ライブ以外での楽しみ、例えば曲を作って配信するなど、自分たちにできることを頭ひねってみなさまに届けていきたいと思っています。ある程度落ち着くまで、自分と自分の周りの人の命を守るために、できることをお互いやっていきましょう!」

New Album『Tragicomedy』 New Album『Tragicomedy』ひかりTVミュージックで聴ける!ひかりTVカラオケで歌える!
その他のオススメ楽曲
『Now & Then』

『Now & Then』

『Over You』

『Over You』

『プルーストと花束』

『プルーストと花束』

『She'll be fine』

『She'll be fine』

SHE'Sのその他のヒット曲もひかりTVカラオケひかりTVミュージックで配信中!

聴き放題でSHE'Sを楽しむ

▲ページの先頭へ