FOR NEW ARRIVALsスペシャルインタビュー

何度も聴いて曲の真意を
感じてもらいたい

──「ALONE」は、ロックでありながらものすごく繊細で、とても印象的な楽曲ですね。

「ありがとうございます。僕らは、いろんなジャンルの楽曲を演奏していく中で、一番大切にしている部分がメッセージ性なんです。その“メッセージ”をしっかりと聴いてもらうためにも、いいメロディーであることはすごく大事にしています。一方で、先日のライブでこの楽曲を披露した時は、ものすごくアグレッシブさが出ましたね。音源とライブのギャップは、自分達の中でものすごく意識しています」

──「ALONE」の歌詞はSHOTAさんが書いていますが、どこか抽象的な部分もありますよね?

「もっと端的に言えたらいいなと思っているのですが、僕の場合、一度聴いてすぐに分かるメッセージというよりも、何度も聴いていくうちに“こういうことだったのか”って思えるようなものが好きで。タイトルの意味もそういったところを意識して付けているので、ぜひ謎を解くような気持ちで聴いてもらえたらうれしいです」

──聴く人に余白を与えることを大事にしているということでしょうか?

「そうですね。だからこそ、僕が歌詞を書き上げて、最初にメンバーに見せる時が一番緊張します。一緒にやっているメンバーに、まず感じてもらえるのが一番だと思うので。そこで“良かった”と言ってもらえたら、あとは安心して練り上げていけるんです。僕にとってメンバーは、それだけ信頼できる存在です」

──すてきですね。ちなみに、この曲はどんな反応でしたか?

「実は、制作はかなり難航しました。作品を作れば作るほど、“前作よりもいい物を作る”という信念からどうしてもハードルが上がっていくので、このメロディーをもらった瞬間、“どんな歌詞を当てていけばいいだろう”と悩みました。それから試行錯誤を重ねて、いつもとは違うことを前提に書いたので、どんな反応がメンバーから来るか心配でしたが、“今までにない曲だね”と驚きつつも喜んでくれたので、すごくいい曲ができたなと思っています」

──とても難しい曲だと思いますが、この曲をカラオケで歌う時のポイントを教えてください。

「僕はハイトーンボイスを使って歌うので、そこが難しいところだと思います。実は僕もバンドをやっていく中で、このキーの高さが出せるようになったので。だから、何度も何度も挑戦して“難しさ”を楽しみながら歌ってもらえたらいいと思います」

──ちなみに、バンドの皆さんでカラオケに行くことはありますか?

「ありますよ。よくライブの打ち上げで行きますが、Gt.のDAISUKEが本当に下手なんです(笑)。それを動画で配信したら、ファンの皆さんが“これでいいなら俺も、私もイケる”と勇気を与える存在になったようで(笑)。ただ最近はこなれてきて、ちょっとうまくなってきているので、また、今回のような難しい曲を歌わせてみようかなと思っています(笑)」

ALONE new single「ALONE」がひかりTVミュージックで聴ける!ひかりTVカラオケで歌える!
その他のオススメ楽曲
オラシオン

「オラシオン」

404 Not Found

「404 Not Found」

FOR NEW ARRIVALsのその他のヒット曲も ひかりTVカラオケ ひかりTVミュージック で配信中!

聴き放題でFOR NEW ARRIVALsを楽しむ

▲ページの先頭へ