the peggies スペシャルインタビュー

過去最高レベルに
にぎやかでハッピーな楽曲

新曲「センチメートル」はアニメへの描き下ろし曲ですが、制作過程など教えてください。

「制作に関しては、あまり気負うことなくできたと思います。メロディや曲の雰囲気などの枠組みは、新しいことに挑戦するというよりは、いつも通り自然に作ることを意識しつつ、歌詞の面は作品にガッツリ寄り添う意気込みで作りました。作品の設定がとてもユニークなので、ワチャワチャした空気感を出したいなと思っていたら、Bメロの方程式のような歌詞の部分が浮かんできて、そこは結構ポイントになっていると思います」

確かにあの歌詞は独特ですよね。では、レコーディングの際のエピソードを教えてください。

「文字が詰まった歌詞を書くことが今まであまりなかったのでBメロは苦戦しましたね。滑舌やリズム感をつかむのに時間がかかり“ラッパーの人ってすごいな…”という気持ちになりました(笑)。演奏していて楽しいのはAメロとBメロのギターです。単音でピロピロ弾きながら歌っているので、コピーするとなると意外と難しいと思います。あと、最後のサビでコード進行が泣ける展開になるので、そこも気に入っています! それと、1番のAメロでひそかに鳴っているアコギのカッティングが難しくて、時間がかかったのも印象深いです(笑)」

今回、編曲に初タッグとなる江口亮さんも携わっていますが、江口さんの手が加わったことで楽曲にどんな変化が起きましたか?

「江口さんのアレンジで、この楽曲がとても爽やかかつユニークな楽曲に変身してくれたなと思っています。バンド以外の音数が細かくたくさん入ったアレンジは今までもやってきましたが、それでもなお過去最高レベルににぎやかでハッピーなサウンドに仕上がりました。特にBメロの引っ掛かりは、江口さんのアレンジあっての存在感が出ていて、フックになったと思います。一緒に作っていて本当に楽しかったです」

そんな新曲を、どんな方々に聴いてもらいたいですか?

「原作にある印象的だったセリフを歌詞に盛り込んでいたりするので、作品のファンの方々には喜んでもらえるのではと思っています。まだthe peggiesをそんなに知らないよっていう人たちの耳にも届きやすいキャッチーな曲に仕上がったと思うので、まだ見ぬ方々にも届く事を願っています」

普段、カラオケは行かれますか?

「一人でも行きますし、ツアーファイナルの打ち上げでもカラオケをよくやります。メンバー3人でも行きますね。とにかくカラオケはよく行きます(笑)! 私は子供の頃に見ていたアニメの曲ばかり歌うことが多くて、“ハム太郎”とか“ポケモン”とか“おジャ魔女どれみ”とか。カラオケ大好きです!」

「センチメートル」をカラオケで歌う時のコツを教えてください。

「サビ始まりなので、最初のガイド音をよく聴いて、しっかり歌い出しをキメてほしいですね。あとは、とにかく楽しんでもらえればと思います。ちなみにthe peggiesの曲は私でもたまに引くぐらいキーが高いので(笑)、声の高さに不安がある人はキーをあらかじめ下げてから入れることをオススメします」

今後、皆さんの活躍を楽しみにしている方々へメッセージをお願いします。

「今回アニメのOP曲を担当できて、また新しい出会いに巡り合えるきっかけを頂けたこと、とても感謝しています。とにかく“いいメロディをいい音で”。それだけを揺るがないものとしてメンバー3人でこれからもいろんな楽曲に挑戦していきますので、どうぞ楽しみにしていてください。今はライブなどなかなかできない状態ではありますが、もしまたツアーなど回れる日が来れば、ライブにも遊びに来ていただけたらなと思っています」

the peggiesのその他のヒット曲もひかりTVカラオケひかりTVミュージックで配信中!

聴き放題でthe peggiesを楽しむ

▲ページの先頭へ