• TOP
  • モダン・ジャズ・カルテット

モダン・ジャズ・カルテット

1946年にミルト・ジャクソン(vib)がジョン・ルイス(p)、レイ・ブラウン(b)、ケニー・クラーク(ds)とカルテットを結成。52年の末にブラウンの後任としてパーシー・ヒース(b)が参加し、正式にモダン・ジャズ・カルテットと名称を変更。55年クラークの後任としてコニー・ケイ(ds)が加わり74年まで活動した。その後何度か再結成されたが、94年に正式解散。室内楽風ジャズとしてクラシック・ファンにも人気が高い。

並び替え:
人気
新着
50音

▲ページの先頭へ