• TOP
  • コーク・エスコヴェード

コーク・エスコヴェード

アメリカ・ロサンゼルス出身のパーカッション奏者。1971年にサンタナの名盤『Santana III』に参加した翌年、同じパーカッション奏者である兄のピート・エスコベードらとともにアステカを結成。1975年にはアルバム『Coke』でソロ・デビュー。チカーノ・ロック・シーンを牽引した。1986年死去。

並び替え:
人気
新着
50音

▲ページの先頭へ