• TOP
  • Sheila Jordan

Sheila Jordan

1928年11月28日、米ミシガン州デトロイト生まれのジャズ・ヴォーカリスト。15歳までペンシルベニアの祖父母の下で育ち、チャーリー・パーカーに多大なる影響を受けながら、デトロイトのジャズクラブで歌い始める。50年代にはニューヨークへ移り、音楽理論を学ぶ。その後、ジャズクラブでの演奏やセッションを重ね、60年代にはジョージ・ラッセルと共演。70年代には、カーラ・ブレイのJOCA、ラズウェル・ラッド、スティーヴ・キューンのグループへ参加、80年代にはスティーヴ・スワローのアルバムに参加するなど、長きに渡り精力的に活動を展開。代表曲は「シーラ」「ボディ・アンド・ソウル」など多数。

並び替え:
人気
新着
50音

▲ページの先頭へ