• TOP
  • サンティゴールド

サンティゴールド

フィラデルフィア出身のサンティゴールド(本名:サンティ・ホワイト)は、その音楽性、経歴、アティテュード、全てにおいて個性派女性アーティストである。
地元の大学で音楽を専攻した彼女はEPICレコードでA&Rとしてしばらく働くが、同郷のシンガー、Resのデビュー作『How I Do』(2001)を全面的にバックアップするため退社しフリーに。
その後、やはり同郷フィラデルフィアのパンクバンド=スティフドのヴォーカリストとして2枚のアルバムに参加。この頃ソロとしてのオファーを受けていた彼女は、最終的にナールズ・バークレイやキッド・シスター等を擁するNYの個性派レーベル=Downtown Recordsと契約。
2007年にシングル「Creator」「L.E.S. Artistes」を発表、2008年に1stアルバム『Santogold』(当時はアーティスト名がSantogold/サントゴールドだったが後に改名)をリリースし、各方面で絶大な評価を得る。
2011年にヤーヤーヤーズのカレンOをゲストに迎えた久々の新曲「GO!」を発表した彼女は、2012年に入るとアルバムに向けて2曲の先行シングル=キテレツなアニメを駆使したPVも話題の「Big Mouth」と零度バックしたメロディが心地よい「Desparate Youth」を立て続けにドロップ。
ジェイ・Zの2008年のヒット曲「Brooklyn Go Hard」のサビに彼女の「Shove It」のフレーズが使用されたのを皮切りに、マーク・ロンソン、N.E.R.D、ベースメント・ジャックスらとコラボ楽曲を発表し、ツアーではビョーク、コールドプレイ、ジェイ・Z&カニエ・ウェスト、ビースティー・ボーイズらのサポート・アクトを行い、2012年前半は何とレッド・ホット・チリ・ペッパーズの“I’m With You Tour”のオープニングに抜擢される等、ジャンルを超えた数々の大物アーティストからフックアップを受ける彼女は現音楽シーンでも唯一無二の存在である。

並び替え:
人気
新着
50音

▲ページの先頭へ