• TOP
  • アリアナ・グランデ

アリアナ・グランデ

1993年6月26日生まれ。8歳の時に北米プロアイスホッケーリーグで国歌斉唱、15歳でブロードウェイ『13』に出演、その後ミュージカル・ドラマ『ビクトリアス』でのキャット役といったキャリアを積み、“ネクスト・マライア”と称賛される程のズバ抜けた歌唱力の持ち主。デビュー・アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』が見事全米ビルボード初登場1位獲得し、アメリカン・ミュージック・アウォーズ2013で最優秀新人賞受賞。2014年夏、シングル「プロブレム feat. イギー・アゼリア」が63の国と地域のiTunesにて1位獲得し、全米の初週ダウンロード数は、女性アーティスト史上最年少記録を更新!2ndアルバム『マイ・エヴリシング』も全米1位を獲得し、女性アーティストがデビュー作から2作連続1位獲得したのは、スーザン・ボイル以来の快挙に!第57回グラミー賞では2部門ノミネート。更に、アリアナ・グランデはデビュー・アルバム『ユアーズ・トゥルーリー』より1stシングル「ザ・ウェイ feat. マック・ミラー」(10位)、2nd アルバム『マイ・エヴリシング』より1stシングル「プロブレム feat.イギ-・アゼリア」(3位)、そして3rdアルバムの1stシングル「デンジャラス・ウーマン」(8位)と、デビュー・アルバムから3作連続1stシングルが全米TOP 10入りした史上初のソロアーティストである。親日派のアリアナのアルバム『デンジャラス・ウーマン』は、ここ日本において2016年オリコンの年間洋楽チャートで最も売れたアルバムとなった。
2017年5月、マンチェスター爆破テロ事件を経験したアリアナは、“全ての人々に勇気と癒しを与えたい”という想いの元、4thアルバム『スウィートナー』を2018年8月に発表。全米、全英アルバム・チャート共に1位を獲得するだけでなく、世界100の国と地域のiTunesアルバム・チャートで1位を獲得し、グローバル・スターの座を手に入れる。そして『スウィートナー』からわずか半年後、2019年2月に、アリアナ史上最も赤裸々で、初めてフィーチャリング・アーティストを迎えずに“自分の思いだけ”を100%詰め込んだ5thアルバム『thank u, next』をリリース。全米、全英アルバム・チャートで再度ダブル1位に輝いたのみならず、Apple MusicやSpotifyなどでの様々な“史上初”の記録を打ち立てた。

並び替え:
人気
新着
50音

フリマアプリ Fril CMソング

地方局「Billboard Top40」エンディングテーマ

日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」エンディングテーマ

▲ページの先頭へ