• TOP
  • Dave Pike

Dave Pike

ジャズのヴィブラフォン奏者。独学で楽器を習得し、1954年からLAでエルモ・ホープ、カール・パーキンス、ポール・ブレイと共演。60年NYに進出し、ハービー・マンGで活躍。68年西ドイツへ渡り、フォルカー・クリーゲルとのセクステットで73年まで活動。帰国後は主流派ジャズ界に復帰。90年代以降のクラブ・ジャズ人気に乗って、欧州時代の作品が再評価された。

並び替え:
人気
新着
50音

▲ページの先頭へ