• TOP
  • ジョニー・ハモンド・スミス

ジョニー・ハモンド・スミス

ジャズ・ピアニストとして15歳でプロ入りし、50年代にオルガン奏者へ転向。クリス・コロンバス楽団で人気を博し、ナンシー・ウィルソンの伴奏者を務めた。60年代はプレスティッジ・レコードの録音に多数参加。70年代はフュージョン・ブームを推進したCTIレコードの専属となり、CTIオールスターズでも活躍した。97年に63歳で逝去。

並び替え:
人気
新着
50音

▲ページの先頭へ