Guy

キース・スウェットらのプロデュースで注目を集めたテディ・ライリーが、アーロンとダミオンのホール兄弟を誘い87年にニューヨークで結成したユニット。翌年デビューし、ニュー・ジャック・スウィングと呼ばれる細かくハネるビートでR&Bシーンの主流となり、テディは時代の寵児となる。90年に2作目を発表するが92年に解散。ホール兄弟はソロとして、テディはブラック・ストリートを率いて活躍。2000年に再結成アルバム『GUY3』を発表。

並び替え:
人気
新着
50音

▲ページの先頭へ