• TOP
  • ハイ・ファイヴ

ハイ・ファイヴ

ファブリッツィオ・ボッソ(トランペット、フュルーゲルホーン)、ダニエル・スカナピエコ(テナー・サックス)を双頭リーダーに、ルカ・マヌッツァ(ピアノ)、トマソ・スカナピエコ(ベース)、ロレンツォ・ツゥッチ(ドラムス)からなるイタリアの5人組ジャズ・バンド。
それぞれ90年代より自身のリーダー作や、有名アーティストとのセッションなどでイタリアの若手実力派というポジションを獲得し、02年よりハイ・ファイヴ・クインテットを結成。
ネオ・バップ的な瑞々しくキレのある演奏で、同年に『Jazz For More…』をヴィア・ヴェント・ジャズからリリース。
その後04年には、初代ピアニストのジュリアン・マッツァリエッロからマヌッツァに代わって『Jazz Desire』を同レーベルよりリリースしている。
08年にブルーノートに移籍し、通算3枚目となる『Five For Fun』を発表。ここ日本でもジャズ・チャート堂々1位獲得、同年スイングジャーナル誌の“海外ニュー・スター賞”を受賞するなど話題となった。
09年にはブルーノート東京でのLIVEアルバム「Live For Fun」をリリース。同年、ベーシストがピエトロ・チャンカリーニからダニエルの弟であるトマソ・スカナピエコに代わり、いよいよ最新作をリリース。

並び替え:
人気
新着
50音

▲ページの先頭へ