• TOP
  • カール・ウルフ

カール・ウルフ

レバノン共和国ベイルート生まれ。ドバイで育ったシンガーソングライター。20歳の時にカナダに移り住みプロデュース業などの"裏方"としてキャリアをスタート。あのローリン・ヒルやメアリー・J・ブライジといったスーパースターのオープニング・アクトをいきなり務める。

TOTOの大ヒット曲「アフリカ」をリメイクした事で世界的にも名前が知られるようになり、YouTubeで軽く450万ヒット超えを記録。日本でも、デビュー・アルバム『カール・ウルフ』は10万枚のセールス、「着うた(R)」は35万ダウンロードに達し、洋楽新人としては異例のセールスを記録。

その後もMTV European Music Awardsにて「MTV Arabia Best New Act」賞を受賞。ヒップ・ホップの重鎮スヌープ・ドッグともコラボを実現し、生活の拠点であるカナダでは「アフリカ」がゴールドを達成するなどそのフィーバーは留まる事をしらない。カナダのオンエア・ビルボード・チャートでは、いまだTOP5にランク・インし、先日もあのAKONのオープニングを務めた。

並び替え:
人気
新着
50音

朝日放送「今ちゃんの「実は…」」エンディングテーマ

「ダンスホール・ラヴァーズ シーズン5」 TVCM使用曲

▲ページの先頭へ