JAMOSA

"日本人の父親と台湾人の母親から生を受け、幼少の頃より音楽の道を志したJAMOSA。
10歳のときに、マイケル・ジャクソンの『Dangerous Tour』の来日公演にキッズ・コーラスとして参加。
17歳のときには、自身の曲がアダム・サンドラー主演の映画『リトル・ニッキー』の挿入歌として採用され、その類いまれな才能を序所に開花させていった。
帰国後、インディーズ・シーンでの活動を本格的に開始した直後から、音楽偏差値の高いアーティストたちからのLOVEコールを受け、多数の客演をこなす。

2005年9月、Mini Album『Standing Strong』をリリース。itunesのR&Bチャートでは長期にわたって1位を獲得。
その後、「言えないよfeat.CORN HEAD」をリリース、オリコン・インディーズチャートで3位にランクイン。"待ちうた"曲として口コミで広がり、絶大な支持を受け、トータル20万DLを記録する。

2006年8月、「DREAM」でメジャーデビュー。同年11月には「SO ADDICTED 247365」をリリース。

2007年2月、待望の1stアルバム『One』をリリース。累計5万枚以上を売り上げたスマッシュヒットアルバムとなる。
レーベル移籍後、シングル「STAND UP」「MISSIN' U」、2008年2月、2ndアルバム「CRY」をリリース。
配信限定シングル「CRY FEAT.MACCHO(OZROSAURUS)をリリース!!iTunes STORE R&Bチャートで2位を獲得!!!!
シングル「SEASON CHANGES feat. MEGARYU」、エコロジー・コラボ・シングル「ずっと」をリリース。
2009年2月、待望の3rdフルアルバム『RED』をリリース。
2010年10月6日には1年8ヶ月ぶりとなるシングル「BOND~キズナ~feat.若旦那」をリリース!
レコチョク着うた(R)総合ウィークリーチャートで5位、着うたフル(R)の総合ウィークリーチャートでも7位を獲得。
iTunes Store R&B/ソウルチャートでも1位に輝くなど、軒並みランクインを続けている。

2010年11月10日、2年ぶりとなる待望のニューアルバム「LUV~collabo BEST~」をリリース!

2011年、日テレ系ドラマ「美咲ナンバーワン!!」主題歌「何かひとつ feat. JAY'ED & 若旦那」をリリース。
メロディコール、着うた(R)、着うたフル(R)、歌詞検索サイトと各方面で1位を多数獲得し、「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 2011年2月度」にも選ばれた。
性別や世代、ジャンルを超えて、今もっとも共感を呼んでいるアーティストである。

並び替え:
人気
新着
50音

日本テレビ系「美咲ナンバーワン!!」主題歌

dwango「いろメロミックスDX」CMソング

dwango「dwango.jp」CMソング

ミュゥモ「ミュゥモ」CMソング

テレビ東京「JAPAN COUNTDOWN」11月度オープニングテーマ

レコチョクCMソング/日本テレビ「ハッピーMUSIC」POWER PLAY/TX「流派-R」9月度キラーチューン/全国30局「MUSIC B.B.」9月度パワープレイ/仙台放送「あらあらかしこ」9月エンディング/テレビ大阪「ナイトクルージング」9月度オープニング/九州朝日放送「ドォーモ」9月エンディング

バンダイナムコゲームス「テイルズ オブ モバイル」オープニングテーマ

テレビ東京「音時間」2月度エンディングテーマ/テレビ東京「流派-R」2月度レコメンド曲/TBS系「Woogie Boogie」エンディングテーマ

▲ページの先頭へ