• TOP
  • 加古 隆

加古 隆

1947年生まれの作曲家、ピアニスト。東京芸術大学・大学院作曲研究室修了後、71年に渡仏、パリ国立音楽院でメシアンに師事。73年にはパリでフリー・ジャズのピアニストとしてデビュー。80年に帰国後は、ピアノ組曲『クレー』(86年)、NHKスペシャル『映像の世紀』のテーマ曲「パリは燃えているか」(96年)、TVドラマ『白い巨塔』(2004年)の音楽などで知られる。これまでに通算50作以上のアルバムを発表し、2009年3月に新作『SILENT GARDEN』がリリースされる。

並び替え:
人気
新着
50音

最後の忠臣蔵 オリジナル・サウンドトラック

映画「明日への遺言」オリジナル・サウンドトラック

最後の忠臣蔵 オリジナル・サウンドトラック

映画「蜩ノ記」オリジナル・サウンドトラック

映画「明日への遺言」オリジナル・サウンドトラック

最後の忠臣蔵 オリジナル・サウンドトラック

映画「蜩ノ記」オリジナル・サウンドトラック

最後の忠臣蔵 オリジナル・サウンドトラック

▲ページの先頭へ