• TOP
  • スティーヴィー・ワンダー

スティーヴィー・ワンダー

アメリカ合衆国ミシガン州サギノー生まれ。本名:スティーヴランド・モーリス。保育器内での過量酸素(未熟児網膜症)が原因で生まれてすぐに目が見えなくなる。

11歳の時、モータウン社長の前で歌と演奏を披露しレーベルに契約、2年後に初アルバム「フィンガーティップス」を発売。(当初は「リトル・スティーヴィー・ワンダー」名義。)全米でNo.1シングルとなり、一躍有名になる。わずか12歳でデビューしたためビートルズのメンバーとは年齢が離れているにもかかわらず、ほぼ同等のキャリアを持っている。1970年に、モータウンから自作のプロデュース権を獲得し、音楽出版会社「タウラス・プロダクション」を設立。自身の新たな音楽を模索していたある時、ロバート・マーゴレフとマルコム・セシルの二人のエンジニアによるユニット「トントズ・エクスパンディング・ヘッド・バンド」のアルバム「ゼロ・タイム」を聴き、全編に使われていた、当時開発されたばかりのモーグ・シンセサイザーに感銘を受ける。以後、スティーヴィーはシンセサイザーを駆使し、殆どの楽器を自分で演奏するアルバム作りのスタイルを確立してゆく。最近では日本のCMでよく楽曲が使用されている。

並び替え:
人気
新着
50音

洋画 ウーマン・イン・レッド 主題歌

HONDA Logo CMソング/KIRIN「午後の紅茶」TV-CMイメージソング

▲ページの先頭へ