• TOP
  • オーネット・コールマン

オーネット・コールマン

1930年3月9日、米テキサス州フォートワース生まれのジャズ・サックス奏者。R&B系サックス奏者として活動した後、59年にデビュー。コード進行や曲構成などにしばられないフリースタイルのジャズを演奏して、60年代の“フリージャズの時代”を牽引、その後のジャズ・シーンに大きな影響を与えた。ハーモロディクス理論の提唱など独自のスタンスを貫き、パット・メセニーほか賛同者も多い。アルト・サックスのほか、テナー・サックスやヴァイオリンも演奏。2001年に高松宮殿下記念世界文化賞、2007年にピューリッツァー賞およびグラミー功労賞を受賞。2015年6月11日、ニューヨークにて死去。85歳没。

並び替え:
人気
新着
50音

▲ページの先頭へ