Santana

情念のギタリストと呼ばれるカルロス・サンタナが率いたラテン・ロックの祖。カルロスは1960年代にサンフランシスコでブルース・ロック・バンドの活動を開始。やがてバンド名をサンタナと名乗り69年にデビュー、ブルース・ロックにラテン音楽の要素を融合して独自の音楽性を確立した。70年代にはスピリチュアルな活動に傾倒、以後は彼のソロ・プロジェクト的活動に。地道な活動の後、99年に久々の大ヒット『スーパーナチュラル』で劇的復活を遂げた。

並び替え:
人気
新着
50音

2010年10月度 TX系 SHOWBIZ COUNT DOWNエンディング・テーマ

▲ページの先頭へ