藤澤ノリマサインタビュー

―「ダンディーひつじ執事」を最初に聴いたときの、正直な感想を教えてください。

「インパクトのあるメロディが頭の中をぐるぐる回り続け、とてもコミカルな歌だと思いました。歌っていて楽しかったのは、レコーディングの時に冒頭で『メェーメェー』と羊の鳴き声を何度も重ねたところ(笑)。これは普段のレコーディングではあまり体験できないので、すごくいい経験になりました」

―個性的な曲だからこそ、難しかったところはありませんでしたか?

「セリフの『かしこまりました!』や、『お手を拝借!』というところは難しかったですね。歌詞の中でお気に入りのフレーズは『お目目ぱちくり』と『仮面舞踏会』です。聴いて覚えていただけたら、ぜひ歌ってみてください」

―カラオケで歌う時のポイントは?

「『メェーメェー』をクラシック風に、口を縦に開けて歌えば楽しいと思いますよ。さらに、ダンディーな歌声を出すポイントは、低音を意識すること。それだけで歌の完成度がグッと上がると思います」  

―この曲はNHK「みんなのうた」で流れていますが、藤澤さんの「みんなのうた」の思い出を教えてください。

「『みんなのうた』は、歴史に残る素晴らしい番組だと思います。僕は、平井堅さんの『大きな古時計』が思い出深いですね。『ダンディーひつじ執事』は、『大きな古時計』とはまた違うタイプの曲ですが、聴いた人が楽しい気持ちになってもらえたらうれしいです」

―両A面となる「Stay forever~あなたを守りたい」はどんな曲ですか?

「この曲を最初に聴いたのは、作曲してくださった中西圭三さんのギターと歌が入っているデモ曲でした。聴いた瞬間に、"自然" "海" "生きるとは?" というイメージが思い浮かびました」

―歌っていて楽しかったところを教えてください。

「今回は日本でも大変貴重なレコーディング専用のマイク"TELEFUNKEN(テレフンケン)"で歌わせてもらいました。セリーヌ・ディオンさんが以前レコーディングで使っているVTRを見て、このマイクはなんだろうと調べていたところ、日本に数本しかないヴィンテージ・マイクだと知り、ずっとそれで歌ってみたかったんです。そんな由緒正しい貴重なマイクで歌え、最高でした」

―逆に、難しかったところを教えてください。

「サビより、キーが低いA、Bメロの方が繊細で歌い方も難しいというのを感じました。ちなみに、お気に入りのフレーズはDメロの『Mi amore(ミ・アモーレ)』です。ぜひ気にしながら聴いてもらいたいです」

―この曲をカラオケで歌う時のポイントを教えてください。

A、Bメロは繊細に感情を込めて、サビからはガラッと人が変わったように歌うのがポイントです。さらに、"人はなぜ生きるのか?" "無力な自分に何ができるのか?" "人の命ははかなくとも、愛する力があれば消えずに生き続けるんだ"という壮大なバラードです。恋愛だけではなく、大切な人を想って歌ってください」

―ありがとうございました!

▲ページの先頭へ