夏だ!海に行こう!

夏だ!海に行こう!

各地で海開きが行われ、いよいよ夏本番!この季節にテッパンの、海を連想する曲を紹介します。陽気でノリノリな曲から、海の偉大さが伝わってくる曲まで、ビーチにいるような寛いだ気分で聴けば、きっと海に行きたくなるはず!

Everyday、カチューシャ

ビキニ姿のAKBメンバーが夏を感じさせる曲

5年前の曲であるが、ビキニ姿のAKBメンバーが海辺で踊るMVが記憶に新しい『Everyday、カチューシャ』。AKBの代表曲の一つでもある。この時センターを務めたのは、現在は卒業し、女優として活躍する前田敦子。年々変化するAKBだが、これを機会に懐かしの曲を聞いてみるのはいかがだろうか。

シングル

Everyday、カチューシャ

AKB48

試聴はこちら

ナギイチ

NMB48が歌う「渚で一番かわいいGirl」

山本彩がセンターをつとめたNMB48の4thシングル。タイトルの『ナギイチ』とは歌詞中にある「渚で一番かわいいGirl」の略だそう。MVでは、メンバーが青い海を背景にビキニ姿で踊ったり、はしゃいでダイビングをしたり等、夏の海ならではの楽しさが伝わってくる内容になっており、聴くだけで楽しい気分になれる一曲。

シングル

ナギイチ

NMB48

試聴はこちら

海の声

海辺で歌う浦島太郎の姿が印象的

auの人気CM「三太郎」シリーズ海の声篇で浦島太郎役の桐谷健太が歌う曲。海辺でしっとりと歌われるこの曲は、『涙そうそう』などで有名なBEGINが書き下ろした。俳優として大活躍の桐谷だが、このCMをきっかけに歌という新たな魅力に心を奪われた人も多いのではないだろうか。

シングル

海の声

浦島太郎 (桐谷健太)

試聴はこちら

「リトルマーメイド」オリジナル・サウンド・トラック

ディズニー不朽の名作「リトル・マーメイド」のサントラ

1989年に公開されたディズニー映画「リトル・マーメイド」は、舞台やミュージカルで現在も数多く上演されている。劇中歌の『アンダー・ザ・シー』は、アカデミー歌曲賞を受賞しており、聴けば誰もが作品を思い浮かべる名曲だろう。

アルバム

「リトルマーメイド」オリジナル・サウンド・トラック

試聴はこちら

モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック<日本語版>

2017年のディズニー名作「モアナと伝説の海」サントラ

“海に選ばれた”少女モアナが冒険する、ディズニーの感動のファンタジー・アドベンチャー映画「モアナと伝説の海」。サウンドトラックには、モアナの声を担当した屋比久知奈、エンディングを担当した加藤ミリヤの歌も収録されている。

アルバム

モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック<日本語版>

試聴はこちら

シーズン・イン・ザ・サン

”夏と言えばTUBE”というスタイルを確立させた曲

TUBEの出世作にもなった3作目のシングル『シーズン・イン・ザ・サン』は、”夏と言えばTUBE”というスタイルを確立させた曲でもある。ビールのCMソングにも起用されたこの曲を聴けば、海に行きたくなること間違いなし!

シングル

シーズン・イン・ザ・サン

TUBE

試聴はこちら

海

海までドライブしたくなる夏の爽快なナンバー

『海』という曲タイトルどおり、バラードの印象が強いケツメイシが歌う夏の爽快なナンバー。2000年のインディーズ時代に発売した3枚目のシングルである。歌詞にもあるように、ドライブで海に行くときに聴きたくなる曲。

シングル

ケツメイシ

試聴はこちら

海を見に行こう

何度も聴きたくなるような爽やか海ソング

スピッツのアルバム『三日月ロック』へ収録されている『海を見に行こう』は、JR東日本のキャンペーンソングとして使用された。サビの「明日海を見に行こう」のメロディが印象的で、何度も聴きたくなるような爽やか海ソング。

シングル

海を見に行こう

スピッツ

試聴はこちら

A Perfect Sky

CMにも起用されたビーチに行きたくなるヒット曲

BONNIE PINKの名を全国に轟かせた名曲『A Perfect Sky』。夏の定番CM、資生堂「ANESSA」のCMソングに起用されたことがきっかけで大ヒットとなった。MVには南国で夏を満喫するBONNIE PINKが映し出され、すぐにでもビーチに行きたくなる曲。

シングル

A Perfect Sky

BONNIE PINK

試聴はこちら

楽園ベイベー

RIP SLYMEの夏の鉄板盛り上げソング

夏ソングとして鉄板の『楽園ベイベー』はRIP SLYMEの5thシングル。特にタイアップなどはなかったが、ロングヒットとなり、RIP SLYMEの代表曲のひとつとなった。発売同年には、日本のヒップホップアーティストとして初めてとなる日本武道館でのライブを開催した。

シングル

楽園ベイベー

RIP SLYME

試聴はこちら

LIFE

地元の逗子海岸で活動するキマグレンらしい1曲

『LIFE』はキマグレンの大ヒットシングル。「泣きたくて 笑いたくて」のサビに聞き覚えのある人も多いのではないだろうか。砂浜と海が特徴的なジャケットやMVは、彼らの出身地でもある神奈川県逗子海岸で撮影されており、この曲は京急の新逗子駅にて接近メロディとして使用されている。

シングル

LIFE

キマグレン

試聴はこちら

波乗りジョニー

太陽の日差しや青い海が思い浮かぶ夏ソング

桑田佳祐本人が出演したコカ・コーラのCM・キャンペーンソングになっていた。爽やか且つワクワクした気持ちが高まるようなイントロと「青い渚を走り 恋の季節がやってくる」の歌い出しを聴くと、太陽の日差しや青い海などのキラキラ輝く光景が思い浮かぶようだ。

シングル

波乗りジョニー

桑田 佳祐

試聴はこちら

あの夏も 海も 空も

切なくも、夏の思い出を歌った曲

サントリー 新「ダイエット〈生〉」のCMソングに起用された曲。未練の残る過去の恋愛を振り返っているように読み取れる歌詞から、切なさも感じる一方、「あの夏も海も空もいつまでも忘れないよ」と、素敵な思い出としても捉えられる大人の夏ソング。

シングル

あの夏も 海も 空も

福山雅治

試聴はこちら

※商品は予告なく配信停止・価格変更になる場合がございます。購入前に商品情報をご確認のうえ、ご利用くださいますようお願いいたします。

▲ページの先頭へ